キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに代金を支払い、商品やサービスの受取を行う決済方法のことです。
ただし、キャッシュレス決済といっても、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、QRコード決済というように決済手段は多岐にわたります。

2018年4月、経済産業者は2025年までに紙幣・貨幣を使用しないキャッシュレス決済を40%まで引き上げる「キャッシュレス ビジョン」を策定し、2020年に開催されるオリンピック、パラリンピックまでに、外国人が訪れる主要な施設や観光スポットにおいて100%のクレジットカード決済対応を目指すことも公表しています。

キャッシュレス決済は3種類に分けられる

前払い

いわゆるプリペイド方式のことです。manacaやTOICA、WAONのように、あらかじめ金額をチャージする電子マネーが代表格です。

即時払い

デビットカードのように支払いと同意に銀行口座から代金が引き落とされるものです。

後払い

クレジットカードのように後日請求される支払い方法です。

キャッシュレス決済では、基本的にカードやスマートフォンに記録された情報を、専用端末で読み取ることで決済が完了します。
また、より利便性の高いキャッシュレス決済として、LINEPay、楽天ペイ、OrigamiPay、PayPay、メルペイに代表されるコード読み取り型の存在感も増しています。コード読み取り型は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、スマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店頭の端末で読みとったりする方式です。

キャッシュレス決済が普及することのメリットとは?

・ポイントが貯まる、ポイントを使える
・支払いがスピーディーだから
・支払いが楽だから

キャッシュレス化で一番分かりやすい変化は、無駄が減ることと考えられます。現金を管理することがなくなり、銀行やコンビニのATМに立ち寄り、現金を下ろす手間や、手数料を払うことが無くなるからです。また、実際に店舗で会計する際も、財布の中から小銭を探ったり、お釣りを受け取ったりする手間がなくなります。

キャッシュレス決済の注意点は?

利用しないサービスは、申し込まないこと申し込んでみたものの必要なかった場合は、速やかに解約することが重要です。申し込む場合や利用する前に利用規約をしっかり読んで理解しましょう。
また、交通系や流通系の電子マネーのように、あらかじめ一定額をチャージするタイプの決済は、使った金額を把握しやすいので比較的安心です。しかし、クレジットカードや銀行口座から引き落とされるタイプの決済は、決済額を把握しにくいので、明細や利用履歴の確認が必要です。利用履歴を見る手順が面倒だと感じる場合は、別の決済方法に切り替えることをお勧めします。

キャッシュレス化に向けた政府の主な取り組み

現在、2019年10月の消費税引上げに伴う需要平準化対策として、2020年6月30日まで、キャッシュレス・消費者還元事業を実施し、キャッシュレス化推進を目指しているところです。
そして、マイナンバーカード普及促進のため、マイナンバーカードとそれに紐づくID(マイキーID) を取得した人が、キャッシュレス決済で買い物をした場合に、25%のポイント還元(最大5,000円)を受けられる「マイナポイント」制度が2020年9月から実施されることになっております。

くわしくは以下をご覧ください
経済産業省 キャッシュレス パンフレット(子ども向け)

経済産業省 キャッシュレス パンフレット(一般消費者向け)

キャッシュレス・ポイント還元事業

トラブルになった場合の相談窓口

消費者ホットライン 188(いやや:全国共通)

※アナウンスに従って、操作してください。最寄りの相談窓口をご案内します。

岐阜市消費生活センター (岐阜市にお住まいまたはお勤めの方)

相談専用電話  058-268-1616