食品購入について

食品をどう選び、どう消費するかを考えながら、日々消費生活を送ることが、個人の健全な心身を作りあげ、豊かな人間性を育むだけではなく、健康長寿社会や持続可能な社会の実現にもつながっています。

エシカル消費

人や社会、環境に配慮したものやサービスを選んで消費することをエシカル消費と言います。エシカル(ethical)とは、日本語で「倫理的・道徳的」という意味です。エシカル消費には、環境、人や社会、地域などに配慮した消費が考えられます。

環境に配慮した消費

・必要なものを、必要な量だけ買う(食品ロス削減につながります)
・グリーン購入を心がける
・海の環境や水産資源を守って獲られた水産品を選ぶ

「カーボンフットプリント:二酸化炭素を削減する」会社の食品

「エコマーク:皆さんご存知のマークです」の容器に入った食品

「海のエコラベル」のついた商品

マークの詳細はこちら

人や社会に配慮した消費

・フェアトレード商品を選ぶ
・福祉作業所などの製品を買う
・寄付金付き商品を選ぶ

「国際フェアトレード認証ラベル」の付いた商品

フェアトレードについてはこちら

地域に配慮した消費

・できるだけ地産地消の商品を購入する
・地元で買い物をする
・応援消費をする

トラブルになった場合の相談窓口

消費者ホットライン 188(いやや:全国共通)

※アナウンスに従って、操作してください。最寄りの相談窓口をご案内します。

岐阜市消費生活センター (岐阜市にお住まいまたはお勤めの方)

相談専用電話  058-268-1616