岐阜に住まう(住まいの情報)

住まいに関する情報をお知らせします。岐阜で家を建てたい方は必見!

2014年09月22日 長期優良住宅は何が違う?

我が家は長期優良住宅です。

ここが違うと教えてもらったのは断熱材と窓ガラスです。
後ほかにもたくさんあると思いますが・・・。

我が家で使用中の断熱材は某工務店でオプションになっていました。
窓ガラスは両面とも結露がしにくいものらしいです。
まだ数ヶ月なので本当に出ないかは分かりません。


長期優良住宅の住み心地はどうかというと、確かに断熱してくれています。
7月になると昼間も30度を越えてきましたが、家の中は「もあっ」としていません。
外から中に入ると玄関からひんやり感を感じます。私自身が暑さに強いというのもあるのですが、窓を開けていると昼間の暑い時間でもまだクーラーをつけたことありません。
夜は窓が開けられないのでやっぱり暑いです。クーラーつけますが、つけっぱなしではないです。
寝る前に消していますが、眠れます。夫は暑いらしいですが・・・・。

朝方ひんやり感あります。寒いと思ったことあります。私のパジャマも実は長袖のままですが、ちょうどいいくらいです。
ただ、やっぱり2階は暑いです。吹き抜けだと違うかもしれません。
1階だとわりと快適ですね。

8月は夏本番だけあって昼間のクーラーは必須でした。
昼以降から寝る前までつけていることが多かったです。
それでも驚きな事に電気代が去年の今頃より少なかったので、つけている時間が思っているよりも少なかったのかなと思います。

9月は朝・夜は涼しいを通り越して寒い時があります。今まで開けていた小窓を閉めたくなるくらいです。
私自身が寒がりなので余計に感じているのかもしれませんが、まだ半袖で過ごせるけど足元が寒いなと思うことが多くなりました。
最近布団もタオルケットから冬用になりました。
北側の日の光があたらない所は昼間でもひんやりしているなと思います。


間取りや立地条件によって違いはあると思いますが、基準値を満たしたお家なだけあるかなと思います。今後季節毎に住み心地をレポートしていく予定です。

長期優良住宅の制度がどうなるかは分かりませんが、今後お家を建てる時に「長期優良住宅の基準に近いお家を建てる」というのもありだと思います。