岐阜に住まう(住まいの情報)

住まいに関する情報をお知らせします。岐阜で家を建てたい方は必見!

2014年02月20日 おうちを建てる前に必要な事

なんだと思いますか?
この今までの流れだと資金計画だとおもわれますよね。
残念ながら資金計画は2番です。
1番はお家を建てられる家族の意見を合わせることです。

具体的にいいます。まずは誰が住むか?という観点。
二世帯・三世帯住宅にするか、単独の世帯にするか、結婚していない自分や夫の兄弟が住むのか。


私も長男の嫁の立場ですが、すごく重たい問題だと思います。私事でいうと、結婚する段階で、「同居はしない」という条件と夫も同居したくないという事で意見が一致しています。

なのでもめることはなかったのですが、同居したいとどちらかが言っている場合は、とことんお話し合いをする事が必要だと思います。
同居したい理由を明確にしましょう。

理由を明確にしてそれがあなたにとって納得できるのであればよいのですが、納得できないうちは家の話は一切進めず、同居する必要があるのか夫と向き合いましょう。

夫と向き合う事て結婚すると少なくなるような気がします。これから良きパートナーとなれるためのいい機会だと思ってけんかになろうが、冷戦になろうが、鬼嫁といわれようがとにかく話し合いです。どこかの段階でどちらかが納得するか、折れるか、諦めるかは成り行き次第です。お互い幸せにしたくて結婚して長い人生を一緒に過ごそうと決めた相手なのだから、必ずお互いにとってよい決着点にたどり着きます。話し合いの最中は長く思えるかもしれませんが、振り返ったら案外短かったねと思うかもしれませんよ。


同居してトラブルがあった場合、どうなるか考えてみてもいいですね。
仮にローン支払いを夫にした場合、何かトラブルがあって家を出たくてもアパート代とローン支払いが出来なければ出ることもできません。


同居するプランのもとお家計画が進んでいる中、やっぱり同居はしたくないとごねるのはかなり立場が悪くなります。ごねるなら、早い段階で。仮に同居するとなってしまった場合でも、あなたにとって最大限にごねたという結果が残せるので、お家のプランを建てるときも自分の意見がいいやすくなる可能性があります。

「私は夫のために折れてあげたのよ」て恩着せかましくしておくのがコツです。

同居してトラブルがあったときも、「だから私はごねたのに」って言えるかもしれない・・・かな。


あとは自分や夫の兄弟が住むかどうかですよね。私なら同居する条件として兄弟には出て行ってもらいたいです。もしくは家のローンをいくらか支払うことを条件としますね。
今の時代、必ず結婚して出て行くとは限らなので出て行かない場合どうなるかすごく不安になってしまします。自分で書きながらなかなか冷たい嫁かしら?と思うのですが、夫がローンを支払う段階で兄弟はタダておかしくない?て思うのは私だけかしら・・・。

知り合いの方の話だと、実家を二世帯に建て替えたとき、夫の方の妹さん(既婚者)は自分の部屋がほしいからとその分お金を支払ったと聞きました。


次の観点は「どこに住むか?」ですが、この観点は我が家ももめてけんかしたところなので来月にいたします。