マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2014年09月18日 プールデビュー~ベビー編22~

最近、朝晩は涼しくなってきましたね。
前回手放し立ちしたのを目撃した!と書きましたが、結局あれから全くやらなくなりました…。
家族の誰からも目撃証言は出ず。
どうしちゃったんでしょうね~。
多分本人が必要性を感じてないのでしょうね。


さて、本題。
夏もそろそろ終わるというのに、プールの話題って…と一人つっこみ入れつつ。

長子がまだベビーちゃんだと、なかなか行く機会が無いのでしょうか?プール。
お家のビニールプールで充分!というお考えの他、多くのプールはオムツ着用中の子は入れないというのも足が遠のく、一つの理由じゃないですか?
親も水着を着用しなければならないのが私の場合、一番行きづらいの理由でしたが…。
三人の子供を一人でみるのは無理!というのも有り。

うちは、今まで水風呂で誤魔化してきましたが、やっぱり上二人は小学生なので、それで納得してくれる位ピュア?な時期を過ぎてしまいました…。


そんな時、友人がオムツ着用でも入水可のプールを見つけてくれ「一緒に行こう!」と誘ってくれました。

こんなチャンスをのがすまい!と思い切って行って参りました、とある市の市民プール。
入場料が安いのもかなり魅力的。


では、その時の体験談?とそれに基づき、こうしたらいいかも…ということをまとめたいと思います。


こちらのプール、とても人気スポット。
朝一番に行かないと、駐車場に空きがなくなるのと、プールサイドの日陰が取れない…という話だったので、開場時間にあわせての到着。

実はこの日、天気があまり良くなかったのですが、既に駐車場が一杯でギリギリ間に合った状態でした。

着替えて(といっても第三子以外は既に水着を服の下に着用)いざ場所取り!
施設によりますがコインロッカーが有料なので、何をロッカーに入れ、何を持って出るか悩みますよね。

またサンダルの盗難(有名メーカーのものが特に)が多いそうで、下駄箱もありますが「ロッカーに入れてください」とありました。
下駄箱が無い施設もありますので、サンダルを入れるビニール袋を用意しておいた方が良いですよ。

先程も書きましたが、この日はあいにくの曇り空。
水に入っている間は割と温かいのですが、プールサイドで休憩中、風が強くて体温が奪われていきます。
ラッシュガードを着ている場合は脱いで、体を拭いた後、乾いたタオルや上着を羽織らないと…うちの第二子のように唇真っ青に…。

タオルは一枚をのぞきロッカーに入れてあったので、プールサイドまで持って出るべきでした。
また、タオルはフェンスにかけておくと濡れなくて良いのですが風で飛ばされている方もいらっしゃいました。
うちはゴムとスナップボタンがついたお着替えタオルで、フェンスをはさんでスナップボタンを止めておきましたよ。

さて、第二子。 それからどうしたかと言いますと…。
温かい飲み物を買って飲ませたら、徐々に顔色が戻りほっと一息。
周りを見れば、身体を寒さにふるわせながらカップラーメンをすする姿も沢山。

「曇ってるから混んでなくて良いよね♪」とか言っていた自分に「考えが甘い!」と言ってやりたかったですよ…。

こちらはカップラーメン、パン、飲み物の自動販売機があり、入場者数が少ないこの日でも、売り切れがちらほら。
簡単に食べられるおにぎり等を持って行くと良いですね、大人の分も。


さて、プール初体験だった第三子。
元々お風呂大好き、顔にしぶきがかかろうが、頭から水をかぶろうが、平気。
むしろ喜ぶくらい。
抱っこで水に入ったらキャッキャ喜んでました。
試しに私が手で支えながら浮き輪に捕まらせたら…ギャーン!
水が怖かったのか、人見知りなのか結局わからず…。
普段から抱っこだと、人見知りしないのですが、ベビーカーなどに乗せているときだとダメ。
やっぱり人見知り?

しばらくの間プールを楽しんでいた第三子。
結局一時間もしない間にグズグズ言い出し、授乳、そのまま就寝。
私は、寝ている第三子を抱っこしたまま、プールサイドで座ってました。
水に濡れたラッシュガードが風に吹かれ、気化熱が奪われブルブル…。

目が覚めてからは、
  プールサイドをニコニコハイハイしまくり、
  水たまりをバシャバシャ(ちょっとやめてほしい…苦笑)、
  流れるプールのプールサイドから、水面ぎりぎりで抱っこしてあげると手足を振り回し水しぶきをあげてキャッキャ!
  流れる人達に愛想を振りまき。

結局ほとんど泳がず(水に浸からず)にプールサイドにいました。

他のよちよち歩きの子も、お兄ちゃんを待つ間に服を着てましたよ。
たしかに更衣室は赤ちゃんが着替えれるような所はなく、足元のプラスチックスノコの上にタオルを敷いて着替え。
プールサイドで、荷物をおいているピクニックシートの上で着替えてしまった方が楽かもしれませんね。


というわけで、持って行った方がいいもの
  ・ピクニックシート
  (荷物を置いたり、赤ちゃんを着換えさせたり)
  ・おにぎりなどの軽食
  (売っていますが混雑や売り切れも)
  ・保冷バッグ
  (食べ物が傷まないように)
  ・飲み物
  (意外に体が冷えるので温かいものもあるといいです)
  ・体を拭くタオルと保温用のタオル
  (それをとめる洗濯ばさみも必要に応じて)
  ・スマホを入れる防水密閉性に優れた袋
  ・濡れても良い小銭入れ
  (首からかけたり身につけられるとベスト)
  ・メガネケース
  (プラスチックのレンズであればプールサイドまで持ち込み可能な所もあります。施設によりますのでお問い合わせを)
  ・ビニール袋
  (ゴミ入れ、サンダル入れ、濡れたもの入れ…とにかくいろいろ使います!)

あ、オムツ着用中でも入れるプールでは、水着の下に水遊び用のオムツをはかせてくださいね。
水遊び用のオムツは吸収体が入ってないので、水を吸って膨らむことは無いですよ。
なので、普段着用しているオムツの他に、水遊びオムツをご用意くださいね!