マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2014年05月19日 ストックで離乳食~ベビー編⑮~

新年度がスタートし、年度始めの大イベント?の家庭訪問、ゴールデンウイークが終了、やっと落ち着いてきたところでしょうか?

我が家は、第2子が今年度入学+第1子のクラス役員になったため、最近までバタバタでした。

そんな中で、第3子もすくすく成長中。
先日お風呂用に、3羽セットのアヒルの玩具を買いました。
プカプカ浮かべたら、3羽とも持ちたいけど、両手で1羽ずつ。
3羽目を持つために1羽手放してしまったら、プカーとはなれて行ってしまい…。

それを何度も繰り返し、終いには怒って怒って。
翌日から、1羽しか浮かべなかったのは言うまでもありません…。
10ヵ月…「こうしたい!」という自己主張が段々出てきましたね。

***** 

さて本題。
お待たせしました!(待ってない?)
今回は離乳食ストックの話です。

離乳食って、手間ですよね…かなり。
柔らかく煮るのも時間かかるし、初期は裏ごしたり…。

正直、私が皆様にアイデア伝授します!と言えるほどの事はしてません。

むしろ、教えていただきたいくらい…。こんな程度で良いんだね~と生暖かく見守ってくださいますと助かります。


うちは、離乳食用に冷凍ストックを作っておき、そこから少しずつ調理してます。
ストックっていうと手間が…と思われる方もいらっしゃるかも。
実は私も…。
私は、家族の料理を作るついでに作る場合と、時間のある時にまとめて作るのと両方ですね。

初期の頃は裏ごしなどの手間があるので、手の空いたときに作ることが多かったです。
お粥をまとめて炊いてハンディミキサーでペーストに。
現在は鶏肉など茹でて細かくするのにも、ミキサーはある程度の量がないと、刃にくっつくだけなので多めに。
でも、まだまだ食べる量が少ないので使いきれずに終わってしまった事もしばしば…。

そうそう、冷凍ストックはどれくらいの期間で使い切れば良いのか?という話ですが、私が栄養士さんに聞いたときは一週間位と言われました。
とはいえ、結構使いきれないもので…私は10日位使ってますね。
それ以上過ぎたら涙をのんで?破棄。
ジッパー袋などに日付を書いておくとわかりやすくて良いですね。


離乳食が進んでくると、家族のものを作るついでに出きることも増えてくると思います。

★先日ドライカレーを作る時に、玉ねぎ、人参のみじん切りと、挽き肉を炒め、味付け前に小鍋に取り、水を入れてコトコト。
野菜を柔らかくするのと、挽き肉の余分な油脂を落とすためです。
野菜が柔らかくなったら水気をきって、冷凍。

★ほうれん草のおひたしを作る際には葉先を水と耐熱容器に入れて電子レンジて加熱。
触れることができる温度までおいておくと、かなり柔らかくなりますよ。

★あと炊飯器で「ついで調理」という手もあります。
少量しかできませんが、器に水とお米を入れ大人用のお米の上に乗せて炊飯。(写真参照)
お粥が簡単にできます。

初期のうちだと、一回食ですし、一回の量も少ないので、これだけの量で何回分かはできますよね。
写真では専用の容器を使ってますが、湯呑みでもできますよ。
今は、電子レンジでお粥ができる専用容器も売っているみたいです。

で、こうしてできたお粥。
初期の頃は製氷皿に入れて凍らせたり、ジッパー袋に入れて箸などで筋を付けてブロック分けして凍らせ、その都度使う分だけ割って電子レンジで加熱してました。

☆もう一つの炊飯器調理は、人参の皮を剥いてヘタを取り、アルミホイルで包んでお米の上に乗せて炊飯。
柔らかい人参の出来上がり。
あら熱がとれてから、月齢に合わせて、切ったりつぶしたりしてから冷凍という方法もあります。

野菜やお肉、お魚などはひとまとめにしてジッパー袋に入れてますが、お粥(9ヶ月現在は軟飯ですが)や、茹でて細かくしたうどんは、一食の量ごとにラップで包んでます。
いつも食べるぐらいの量で(うちは80グラム)分けておくと、その時に食べた量もわかりやすいですね。

次回はこんな食材便利!と思うものを書く予定です。