マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2013年06月19日 第8回『帝王切開だって立派な出産です!』

「陣痛も経験せずに楽して産んで」

こんなこと言われた事あります。
しかも恥ずかしい話ですが、身内から。
帝王切開でしか産むことが出来なかったんです。

首にヘソの緒を巻いてて逆子から戻れなかった、第一子のお姉ちゃん。
術後、天井が回り、痛み止めの注射が効かず、昼過ぎから翌日の朝まで唸り続けたのに…これでも楽だと言うのか。

悔しくて堪らなかった。

望んで帝王切開になったわけではない。
でも、これがベストの選択だったと言えます。
赤ちゃんの命を危険にさらしてまで自然分娩にこだわる気は私にはありませんでした。


私は陣痛を経験していませんから、どちらが大変とか楽とか比較できません。
ですが、どんな出産だって母子ともに命がけで、立派で…そう胸を張って言えます。

勿論、帝王切開で出産すると、次の出産も自然分娩は難しいです。
陣痛で子宮に負荷がかかると傷痕から裂ける可能性があるためです。
そのためNICU(新生児集中治療室)があり、子宮破裂が認められた場合すぐに手術できる体制を整えて…つまり、かなり限られた病院でしかできません。
それだけ母子共にハイリスクな出産と言うわけです。
実際、子宮の傷痕が陣痛に耐えられるかどうかは判るものでなく、賭けになってしまうようです。

私は第二子の帝王切開の日を前におしるしが来てしまい、陣痛をおさえるために入院しました。
その時の病名は「切迫子宮破裂」です。

もう、自分の力で出産できない…そう思うと、悲しかったです。

帝王切開で産まれた子は自力で出てきたわけでは無いから体が弱い。我慢できない子だ。

そんなこと言う人も居ましたが、丈夫ですよ?ウチの子達。
まあ、我慢については…出産方法は関係ないでしょ…。

あることないこと色々言われる帝王切開ですが、たしかに自然ではありませんよね。
実は母体にかかる負担も大きかったりします。
なので通常は普通分娩の方より入院期間も長いです。

勿論今回も帝王切開。
手術の予定を組みました。
だいたい38週辺りになることが多いみたいです。
一人目&二人目は38w0d、今回は38w4dです。ちょっと遅いので私としては少々不安…。
もう1ヶ月をきり、入院準備も緊急用と、手術後に要るものとバッグを分けて用意完了しましたよ。


では、8 & 6年前の情報で申し訳ありませんが、帝王切開の手術~退院までの大体の流れを書いてみますね。

★手術前日
・夕飯を早めに済ませて19:00入院(第二子の際は既に入院中)
・22:00までは水分摂取OK。それ以降は絶飲食

★手術当日
・ルート確保(留置針をいれて)
・剃毛処置
・抗生物質のテスト
・14:00頃~手術室へ歩いて移動
・手術台に全裸で上がり、導尿
・腰椎麻酔
・酸素マスク、バイタル監視モニター、電気メス用の電極装着、両腕固定
・胎児娩出、対面後、全身麻酔
・覚醒後ストレッチャーで病室へ移動
・点滴、バイタル監視維持
・子宮の収縮が認められれば鎮痛の座薬使用可(8年前は筋肉注射のみ。効果認められず)

★手術後1日目
・尿管抜去(午後以降。体調に応じて)
・昼食、水分
・夕食、流動食

★2日目
・朝食、5分粥
・昼&夕食、全粥

★3日目
・朝より通常食

★4日目
・内服薬開始

★7日目
・点滴終了
・抜糸
・退院チェック
・退院(第一子の際は10日目)


こんな感じでした。
一人目の時は痛み止めの注射が効かない、麻酔の影響で首の凝りも酷く、3日程歩けませんでした。
二人目の時は座薬が良く効いて、手術当日もグッスリ眠れたので、翌朝には歩ける位元気でした。
念のため3日間は座薬使用。
体を動かすことに専念しました。
その後は動き始めに少し痛むものの、普通に歩ける程に。
ただし、術後の体調は人それぞれですからね、勿論無理は禁物です。
また、産院によってスケジュールも変わってきますので、あくまでも一例として参考程度に。

私の経験では、電動ベッドのお部屋が良いですね。
更にベッドの柵があると体を起こしやすいです。
で、電動ベッドで体を起こすと何が困るか…。
マットが倒れてきたり、シーツやマットがずれたり。
ナースコールが落下と言うか手の届かないところでブラブラ…。
それを防ぐために二人目の時はベッド本体とマットを紐でぐるりと固定。
そこにナースコールも挟み込む。
腰に当たる部分のシーツ(私は更にバスタオルも敷いてました…悪露で汚してしまうので)は安全ピンでサイドをマットと留めて…。
それを手術前にやっておくと後が快適です。


本音を言うと、年齢も上がってる分、色々不安です。
最近ちょっと浮腫んだり、お腹の張りも頻回になってきたりで…。
でも、覚悟決めて頑張ります!