子どものアレルギー

子どものアレルギーに関するお役立ち情報をお伝えしていきます。

2015年04月20日 アレっこの新学期

お久しぶりです(^O^)/

4月も3分の2が終わりましたね。
この時期はバタバタと、とにかく忙しい(^_^;)
またたく間に過ぎていきますね。

この時期によく聞くのは
「アレっこ専用の食事を誤配したり、こぼしてしまい、食べるものが無い!そんな時どうする?」という話。

4月はまだ先生も友達も、みんなが慣れていない時期。
食事に関する困りごとが多いのも分かります。(^_^;)

スタッフの子も、何度か 「食事がない!」という経験をしました。
そこで、可能なら【食べられるレトルト食品を事務室に預ける】という方法はどうでしょう。

ノンアレルゲンのレトルトカレーなど、1袋でよいので置かせてもらうと安心ですよね。
アレっこ給食を提供してくれる園でも、そんなに沢山のお代り分を確保しているわけではないと思います。
マルチアレになるほど、お代りが全くないことも珍しくありません。

アレっこの食事をこぼしてしまった!そんな事態に直面して、初めて「どうしよう」となるものです。
よほどアレっこの受け入れに慣れていないと、「こぼした場合はこうしよう。」と対応策まではなかなか・・・

したがって、このような提案は、園や学校からは難しいかもしれませんので、保護者側から提案する方がスムーズです。
遠慮せず、お願いできることは頼んでみましょう。

もし、レトルト食を置かせてもらえなくても、「アレっこ専用食が提供出来ない場合の対処法」を考えるきっかけになります。

あとは・・・
「一食くらい食べなくても、大丈夫。その分、夕食早めましょ。」位に力を抜いていると楽ですよ^m^