子どものアレルギー

子どものアレルギーに関するお役立ち情報をお伝えしていきます。

2014年05月29日 加工食品のアレルギー表示

「消費者庁は4月17日、加工食品のアレルギー表示の見直し方針を内閣府消費者委員会調査会に示した。現行制度では加工食品に含まれる食物アレルギーの原因物質は、卵など7品目の表示が義務づけられている。しかし、卵を主な材料とするマヨネーズなど、原因物質が含まれていることが明らかなものは必要がない。そこで子どもにもわかりやすくするため、この規定を改め、表示を義務づけるための検討が開始された。この見直しに伴い、例えば「うどん」について、変更後は「小麦を含む」との記載が必要になる見込み。

 また消費者庁は4月21日、外食などの料理に含まれるアレルギー物質の情報を消費者に適切に伝える方法についても検討を開始した。現行制度では外食には表示の定めがない。検討会は今後、患者や外食業者などからヒアリングし、年内に一定の方向性を示す見通し。自主的に表示しているレストランやホテルなどはあるが、様々なメニューを手早く調理するため意図しないままアレルギー物質が混入する可能性があることなどから、これまで義務付けが難しいとされてきた。」


 例えばマヨネーズに卵が含まれていることは、たいていの大人は知っていますが、子どもはどうでしょう。
いつも大人がそばにいるわけじゃない。こどもにもわかるように、「知っていて当然」ではなく、ちゃんと表示することは大切だと思います。ありがたい動きです(*^_^*)