子どものアレルギー

子どものアレルギーに関するお役立ち情報をお伝えしていきます。

2013年01月25日 「アレっこの学校給食 対応がきまるまで」

この時期、小学校へあがる前の説明会がありますね。

アレっこママにとって、やはり心配なのは給食のこと。

「知らない」から 心配が募ります。

「知らない」から 不安にもなります。

じゃあ、知っておきましょう!



①私の住む岐阜市では、まず2月ごろの入学説明会時にアレルギー対応の説明と手紙が渡されます(全員)

②説明会のあと、栄養教諭による簡単なヒアリング。
(アレルギーっこママは この後残ってくださいね的なアナウンスがあった)

③書類を渡される。
 中身は 『医師の診断をもらってくるように』 って内容。

④提出した医師の所見や指示書をもとに、学校で会議がある。

⑤ 「ここまではできる。」
  「これは出来ない。」   という細かい事項の取り決めに入る。

⑥持参食の場合、除去食の場合、複合の場合など、
 毎日の連絡や月毎の連絡方法を栄養教諭と話し合う。

⑦4月から対応開始 



とまあ、大雑把ですが、こんな流れです。



なにせ細かい対応の話し合いが始まるのは3月くらい。

学校によっても違うかもしれませんが、
結構ギリギリに具体化するので、親としては、この間が なんとも居心地悪いというか、落ち着きません。



でも、きっと大丈夫。小学校は6年間あるんです。

初めからベストの対応を!なんて力を入れなくていい。

安全に食べられるように という大前提だけしっかり押さえていれば、

あとは対応も少しずつ変えていけばいい。

栄養教諭はとても親切に丁寧に対応してくださいますよ。



詳しく知りたい方は、http://www.npoclover.com/clocomyu/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=42 に その旨を書き込んで下さいね。

わかる範囲でお答えします(^O^)/