岐阜に住まう(住まいの情報)

住まいに関する情報をお知らせします。岐阜で家を建てたい方は必見!

2014年08月10日 『開かずの窓』ありませんか?

我が家には・・・あります。

本来なら作らない方がよいと思います。
なぜなら開かずの窓は掃除がしにくいし、窓が開けられないとい事は窓という本来の役目を果たしていないという事だからです。

我が家の開かずの窓、それは洗面所にあります。
想像してみてください、
 まずドラム式の洗濯機。その隣に洗面台。洗濯機の上に窓。

この時点で洗濯機の出っ張っている所が邪魔をして開けるのがすでに面倒な状態です。

そしてカギの位置は私が手を伸ばした先にあります。ということは何か台を使わないとカギを開け閉めができません。
極めつけは洗濯機の上を使えるように棚を設けまして、その棚にカゴなどを置いたら完全に窓が封鎖されて、開かずの窓ができあがりました。

作りたくなかったんですけどね・・・・。
洗濯機の上という時点で窓が開けづらいだろうなという事は想定しておかなければいけなかったかなと思います。明かりとりの役目は果たしてくれているので、開けられない窓でもよかったかも?とは思いますが・・・。

この窓の位置やどんな窓にするかは間取りを決めるときにほぼ同時に決めます。
住宅の構造計算に関わってくるところらしいので後から決める事はできません。
この間取りで生活するんだ!ていう気持が追いつかない状況で決めるので、
「後から悔やむ事があるかもしれない」ポイントかもしれないと思います。


悔やみたくない!という方は間取りや窓の配置を両親や信頼おける友人などにみてもらうといいと思います。
お家を建てた友人もいいのではないでしょうか。

他人の視点というはなかなか参考になります。
取り入れるかはご家族と相談して決めればいいので、ためしに聞いてみてはいかがでしょうか。