岐阜に住まう(住まいの情報)

住まいに関する情報をお知らせします。岐阜で家を建てたい方は必見!

2014年05月07日 どこに住むか

「どこに住むか」

① 夫の実家の近くに住む
② 妻の実家の近くに住む
③ お互いの実家の場所に関係なく住みたい所に住む
④ 夫・妻の職場を考慮した場所に住む
⑤ 子供の教育環境を考慮した場所に住む
⑥ 近所トラブルの少なそうな場所に住む

色々こういう所に住みたい!があると思いますが、まずクリアにする事はなんだと思いますか?


私が思うのは「どちらの実家の近くに住むか」です。
理由は2点あります。

❶ 将来的にお父さん・お母さんの介護問題に関わってくることだと思うからです。
一人っ子ならなおのこと無視できない問題ですし、兄弟がいるならば兄弟のお家事情を見て判断する必要があるのではないでしょうか。
遠いからといって介護が出来ないわけではありませんが、もし通う必要が生じた場合近いほうが楽ですよね。頻繁に様子も見に行けます。

❷ 夫・妻の両親の気持の問題。
嫁にもらったのに妻の実家の近くに住む場合、夫の両親はどう思うでしょうか?
孫がいる場合、毎日でも会いたいという方の場合だと、より近くに住んでいてもらいたい!

基本的には夫婦でどこに住むか決める事だとは思うのですが、お互いの両親を考慮できる範囲で考えてみることも必要なことだと思います。
無理してはオススメしませんが。

基本は「家族が幸せに笑顔で暮らせる事」、これが成り立つ事が必須条件です。


では私の場合どうだったか?
私の場合は ① にあてはまります。
夫の実家の近くに住む、というかお隣の「敷地内同居」です。

夫の実家から私の実家まで一時間の距離になります。行けない距離ではありません。
姉が敷地内同居しているので緊急時なども安心です。
私が結婚した時に既に敷地内同居していたので、若干遠くに行くことになるけども心配はなかったです。
ただそれでも、私の両親は寂しがっています。
今はまだ実家から30分の所に住んでいますが、それが倍の1時間。
あまり頻繁に実家に行っていない娘でもなんだか遠くにどんどん行ってしまうのは辛いのかもしれません。ほんの数年前まで一緒に暮らしていたのだから当然といえば当然かもしれないですね。
なんだかこの文章を書いている私までなんだか悲しくなりました。


「敷地内同居」にいたった経緯ですが、ろくに話し合いせずに土壇場になって話し合った所で長くなりそうな予感がするので次回にしますm(_ _)m