岐阜に住まう(住まいの情報)

住まいに関する情報をお知らせします。岐阜で家を建てたい方は必見!

2013年11月16日 住宅ローンについて その3

ローンとして借りたお金はどの通帳に入るか?

それは施工会社の通帳に入ります。
なぜかといえば住宅の金利はほかの車のローンなどと比べやすいので、ほかの使い道に利用されないために直接施工会社に振り込まれます。



あれ?て思った方いませんか?なんだかおかしいって。

住宅にかかる費用を支払う先は施工会社だけではないですよね。

引越しや火災保険、カーテン、家電などはどう支払うの?



ここで消費者と金融機関との考えの違いがあるのです。

金融機関の考える住宅にかかるお金は施工会社に支払う金額分のみです。

一方、消費者は違いますよね。総費用が住宅にかかる費用だと考える方が多いのではないかと思います。



施工会社に支払う費用はどういうものか?

○建物本体価格
○付帯工事
 (施工会社に支払うもののみ、屋外設備及び仮設費や産業廃棄物処理などです)
○外構
 (施工会社が行う場合、ただし外構を受け渡し時後にする場合は含まれない)
○上記4つにかかる消費税

この項目はローン対象になります。



対象外のものは何か?

●給湯器工事
●上下水動取り出し工事
●地盤対策工事
●外構工事
●カーテン
●照明器具
●アンテナ
●エアコン工事
●諸手続き(詳しくは注文住宅は高いのか3を参照)

ローン対象外ですが、住宅建築時に必要なものですよね。



頭金を用意できる方は支払うことが出来ますが、あまり手持ちがない方はどうするのでしょうか。

ご家族に相談しましょう。

ここでも無理な場合、施工を頼む会社に相談してみる。

なんらかの手段を知っていると思います。頭金がある人ばかりではないので、何かよい方法を提案してもらえますよ。



対象外の中には費用がかかるものもあるので消費者としては貸してほしいものだなと思います・・・・。