マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2014年05月26日 お助け食材で離乳食~ベビー編⑯~

最近、日中は夏みたいに暑い日がありますよね。
そのくせ朝晩はちょっとすずしかったり。
着せるもの、気を付けているつもりでも、またもやお鼻グズクズの第3子です。

今月は10ヶ月検診。
この記事が載せていただける時には終わってるかな?
どれくらい大きくなったのか楽しみでもあり、体重がちょっと怖かったり?
上2人と体重は変わらないかやや重いぐらいですが、上2人に比べたら身長もある分、腕やおなか周りは細いんですよ。
太ももはプニプニですが、ふくらはぎは結構しっかりしてます。
太ももをセクハラモミモミしている母です。
赤ちゃんの太ももってホントすてき!


前置き?はこれくらいにしまして…

離乳食編、今回はお助け食材。
いや、私の手抜き食材?

★今、一番第3子がはまってるのがコーンフレーク。
離乳食レシピではミルクでふやかすとなってますが、うちの子はどうもミルク味が苦手みたいで。
野菜スープや白湯でふやかしてあげるとよく食べます。
忙しい朝はこれにフルーツやヨーグルトなどを足して。
手間要らずですね。
おやつにも最適。
小さなタッパーで持ち歩いてます。

★フルーツの中で万能と思うのがバナナ。
携帯離乳食ナンバーワンです。
つぶし加減によって、どの離乳食の時期にも対応できます。
でも最近うちの子バナナ嫌いかも?と。
明らかに口の開きが悪くなります…。
便利なのになー。
結構バナナ苦手な子居るみたいですけどね。

★乾物系だとお麩や高野豆腐。
初期は戻す前に下ろし金で擦って、だし汁等でのばして加熱。
一品できます。
擦ったお麩は軽いとろみ付けにもなります。
更にお麩はそのまま食べられるのでおやつにも。
一時期、離乳食を全く食べなくてもお麩だけは食べていた第3子。
口を開けて積極的に近づいてくるその姿はまるで鯉のよう…。

★お粥や軟飯を炊いてなかった!という時にお役立ちなのがオートミール。
お水とチンすれば、トロトロからちょっと硬めまでいろいろできますよ。
大人も、だしと水を入れてチンして醤油をたらし、小口切りの薬味ネギに大葉、たたいた梅干しをのせて…美味しいですよ。

★あとは麺類。
パスタには早ゆでタイプのがうってますが、すぐに軟らかくなるので便利ですよ。
パスタは細かく折りながらお湯に投入すると後で短くカットする手間が省けます。
そうめんも、早く軟らかくなるので重宝しますよ。
うどんは時間かかりますからね。

★あとは食材と言っていいのかな?
顆粒タイプの片栗粉。
その名も「と○みちゃん」
水で溶かなくても、そのまま振り入れる事ができます。
え?そんなこと?と想われるかもしれませんが、これが意外と便利。
とある会社のベビーフードで、「混ぜるだけ、再加熱の必要なし」のとろみをつける粉も売ってますよ。
取り分けで食べれるようになった頃、お出かけ先で重宝しそうですね。


引き出しが少ない、私のアイディアといったらこれ位かなぁ。
ほんの少しでも参考になればうれしいです!