マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2014年04月23日 離乳食スイッチ~ベビー編⑬~

我が家では この4月、第2子が小学校へ入学し、
登下校の付き添いなどでバタバタの日々を過ごしていました。
夜は睡魔と闘い、惨敗…。

さて第3子、9ヶ月過ぎました。
今更ですが離乳食の話。

うちは2月1日…6ヶ月半から離乳食を始めたのですが、ほんっと食べてくれなくて。
だから中々書けなかったんです…。

と言っても現在進行形で出口の見えないトンネルの中だったりします。

上二人、多少の波はあったけれど、こんな苦労しなかったよ…。
正直、自信喪失中です。


で、食べないって状態はスプーンが口に近付くと、口を真一文字に結んで笑顔でそっぽ向く!

口を開いてくれないんじゃ、どうしようもありませんよ…。


そんな頃、幼稚園のランチ会で一歳過ぎの子がいるママと話してたら「離乳食食べてくれなくて。大人と同じものをほしがるの。だから食べれそうなもの取り分けであげてるんだけど」と。

今まで、いかになめらかに、舌触り?にこだわってたけど、意外とベチョっとしたものがダメなのかも?
と7ヶ月過ぎに、赤ちゃん煎餅をあげてみました。

口の中の水分がジュワっと吸われる感じに初め驚いていたものの、そのうち大きなお口を開けるように。
相変わらず、お粥は拒否だったので、赤ちゃん煎餅でも食べる練習になれば…と主食、赤ちゃん煎餅…。
バナナや食パンもチャレンジ。
不思議なことに、スプーンだと食べない。
指であげると食べる。
それでもほんの少しだけ。

とにかく一回に食べる量が少ないので、回数で稼ぐ?のと、「食べる」事を習慣づけようと、二回食はほとんどせず、いきなり三回食に突入しました。

そんな中で、赤ちゃん煎餅好きはずっと続いていたので、コレなら似たカンジかな~とあげてみたのが「麩」

お粥と交互に麩。
フルーツをのっけて麩。
他の食べ物だとおちょぼ口なのに、麩となると大きな口でパクッとくる。
あなたは鯉かね…。

やっと、やっと、離乳食をパクパク食べてくれるようになって二日あまり。
それでもまだ、8~9ヵ月の子が食べるとされる目安の7割といったところ。
まあ、すべての子が数字通りに食べるわけは無いので、のんびりのんびり行こうと思ってます。

次回、食材や調理法など、詳しく書いていこうとおもってますが、こんな状態なので、説得力ないかなぁ…。
ホント、あなたの離乳食スイッチはどこよ…。