マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2014年01月23日 数字だけでは分からない!~ベビー編⑧~

我が家の3人目、すくすく成長してます。
以前オムツのサイズアップについて少しお話をしましたよね。
Mサイズのテープタイプでは背中からの漏れが気になったので、Lサイズのテープタイプを…と思ったらMサイズのパンツタイプの方が一枚あたりの値段が安かった、そして買いに行った店舗ではLサイズのテープタイプの取り扱いがなかった、という話。
結局そのときは、他店舗Lサイズのテープタイプを購入。
股上はよかったのですが足ぐりが緩くて今度はこちらから漏れ…というお話。
なので次はMサイズのパンツタイプを購入してみました。
やっぱり股上が少し浅いなぁ。
でも足ぐりは良さそう。
で、数日後…漏れちゃいました。
やっぱり背中から。
パンツはウエストのゴム部分は通気性が良い素材で、染み出しちゃったんです。
まだユルユルなウンチなので、背中側が上の方までしっかりしてるテープタイプの方が良さそうだなぁ、やっぱり一枚あたりの値段が…とケチっちゃだめかと反省中。
オムツのサイズアップは、多分私だけでなく皆さんも悩みどころなのでは?
メーカーによって大きさも違いますし、股上の深さの違いや、細身のもあったり。
目安になる体重もかかれてますけど、赤ちゃんの体型って様々ですよね。
うちの上2人は、母子手帳に書かれている発育曲線(パーセンタイル)では、体重は多め、身長は低めのコロコロぽちゃぽちゃでした。
3人目は、体重は真ん中、身長高め…と思ってたら、なんだか最近体重多め身長低めになってきた?
まあ、家で身長を正確に計るのは難しいですけどね。

そもそも発育曲線パーセンタイル値って、何でしょう?
パーセンタイルとは、計測値の分布(ばらつき)を小さい方から並べてパーセントで見た数字で、10パーセンタイル値というのは、100人中低い方から10番目以内ということです。
つまり、100人の赤ちゃんを集めて(可愛い!)、その中で体重が少ない方、身長が軽い方から何番目?というものです。
グラフの帯には、入らない子は経過観察の必要ありと指導されるわけですが、このすべてが異常というわけでは無いですよ、もちろん。
「○ヶ月」というある一点の数値にこだわるのではなく、記録をつけ続けることで、帯から外れていても、概ねその帯の曲線と同じような感じで増えていれば問題ないとされてます。
ミルクっ子と母乳っ子でも違ってくることですし、何より個人差が大きいことですから。
でも、思わぬ病気(成長ホルモンや甲状腺ホルモンの不足)が隠れてる場合もあります。
記録をつけることで、それらの早期発見につながることもあります。
ぜひ記録をつけてみてください。
そして気になることがあれば、小児科の先生や、保健師さんに聞いてみてくださいね。

ちなみに、ものすごくぽちゃぽちゃだった上2人…歩きだしたら引き締まってきて標準的な体型になりましたよ。
一番上は、最近なんだか丸々してきたような気も…しないでもないですが。
そうそう、1歳頃までは「肥満」といわないそうです。
健康面で影響を及ぼす「肥満」は2~3歳だそう。
ぽちゃぽちゃでも「可愛い」で許されるなんて、なんだかちょっぴりうらやましいぞ!赤ちゃんよ。