マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2014年01月21日 親戚の集まりデビューで人見知り?~ベビー編⑦~

あけましておめでとうございます!
って、もう1月半分以上過ぎてますけど…。
そんなわたしですが、マタニティコラム子育て編をはじめ、クロコミュを本年もよろしくお願い致します。


さて、我が家の3人目、先日ハーフバースデーを迎えました。
かと言って何をするわけではないのですが。
もう半年とは…早いですねぇ。
本来ならそろそろ離乳食スタートと言うところですが、年末年始で生活リズムが乱れやすいので…と言い訳し、1月が終わりに近づいた今もまだ始めてなかったり。
まあ、その話は後日と言うことで、今回は新年の親戚の集まりのお話を。

うちは主人の母の実家に夏祭りの時と、新年の年二回集まります。
主人の母の父…つまり我が子達から言うと、曾祖父ですね、御歳98。
昨年末に玄関で転倒、大腿骨骨折で入院中でして。
しかも一晩我慢してから翌朝病院行ったという…。
早く歩けるようになる!とリハビリも元気に頑張っているそうです。
聞けばまだまだ色々伝説がありそうです!
そんな曾祖父…うちでは大じいちゃんと呼んでます。
彼に会えないのは残念ですが「みんな集まって楽しんで」という、大じいちゃんの言葉で親戚大集合しました。
大じいちゃんの子供は4人、孫10人、曾孫は…なんとうちの3人目が20人目!
さらに配偶者もひっくるめて今回の参加者40人以上。

我が子達、上2人は沢山のお兄ちゃんお姉ちゃん、かわいいちっちゃい子に囲まれてとっても楽しそうでした。
3人目はと申しますと…。
お座敷でしたが、テーブルに椅子だったので、おこさま椅子を用意してはいただけたのですが…まだ腰が座ってないんですよね。
座る気配すらありません。
腰が座るとベビーシートを立てられるし(今はベッド状で、身体が大きいので窮屈そう…)外食時もベビーカーではなく椅子に座らせれるのですが。(ベビーカーだとお店によっては他のお客様や店員さんに迷惑かけてしまうこともありますしね)
で、今回はどうしたかと言うと「おんぶ」で。
ご機嫌で背負われ、程なくして爆睡。
目が覚めた時は、既に食事を終える頃だったので、みんなに抱っこしてもらってニコニコ。
そろそろ人見知りが始まりそうな時期でしょうが、こちらも気配なし。

思い起こせば、1人目は少し男の人を警戒したくらい、2人目にいたっては全く。
で、10ヶ月検診で「本当に人見知りしないんですか?」と何度も確認され。

人見知りというものは、赤ちゃんがお母さん、家族、それ以外の区別ができてきたという発達の目安です。
そのため、2人目は「ちょっとこの子大丈夫かな」的な感じで何度も確認されました。
人懐っこいという、個性だと思うんですけどね…。
3人目は、2人目以上にアチコチ連れまわし、沢山の人に抱っこしてもらってます。
甘えん坊で、抱っこが大好きな3人目。
人見知りする日は来るのでしょうか?

この集まりに参加した女性陣は、子育て中&経験者がほとんど。
「赤ちゃん」が懐かしいと感じる方が多く、(私も一年ちょっと前はそうでしたからね)代わる代わる抱っこしては、その感触を堪能してました。
子どももそうですが、「赤ちゃん」って特に、周りが自然に笑顔になる存在ですよね。
3人目を抱っこしてくださる人は、みんな笑顔。
本当すてきな顔をしていらっしゃいます。
そして、そのお顔を見てニコニコ笑う3人目。

3人目妊娠前は、クローバ主催講座の託児をお手伝いさせていただきましたが、人見知りを全くしない子、しばらくは泣いたけどすぐにニコニコ遊び出す子、かと思ったら定期的に泣いちゃう子、ずーっと泣きながらママを呼び続ける子。
人見知りしない子とは、沢山遊べるので私どもいっぱい遊んでくれるので、嬉しくては仕方ないですが、必死にママを呼び続ける子、ママが大好きでたまらないんだろうな~と、その健気さがとてもかわいい。
そして、ママを見つけたときの笑顔。
ずっと泣いてたのに、ママの影から小さくバイバイしてくれた時は、ギューッとしたくなりました。


うちの上2人は幼稚園も泣くことなく、ルンルンで通ってましたが、泣きながらお母さんに抱えられて登園する子結構いましたよ?
玄関で登園から昼まで泣き続けた子も…。
役員の仕事で朝から昼ぐらいまでずっと園に居た時の話ですが、本当ずっと泣いてたんですよ。
すごい体力!
そんな親子さんに対して「お母さんとお子さんが素敵な関係を築かれてきた証拠ですよ」と園長先生。
では、ただの一度も泣かなかったうちは?
「お母さんはちゃんと迎えに来てくれるって信頼されてるからじゃない?」と役員仲間は言ってくれましたが。
さて、真相はいかに?