マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2013年12月07日 小さな命をまもって~ベビー編⑤~

12月に入り今年も残りわずかとなりましたね。
年末のバタバタに加え、今年購入した車(中古ですが)の車検、スタッドレスタイヤの購入で、やること&出費沢山です…。
ちなみに先月末に運転免許証の更新もしてきました。
せわしない年末、加えて雪も降ったりで車の事故が増える季節とも言える12月。
そんなときだからこそ、いつもにまして気にとめていただけたら良いなという事を書きたいと思います。

それはチャイルドシートやシートベルトの装着について。
先日、路地で右折しようとしたら左方から車が来たので停車。
通り過ぎる車を見てビックリ!
運転席の女性が赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこした状態で運転してたんです。
思わずガン見してしまいました。
その状態でシートベルトをされていたのかはよくわかりませんでしたが…。

実は私、三人目を妊娠中に信号無視で飛び出してきた自転車と接触しかけたことがありまして。
信号がかわって車が発進したばかりで時速10キロも出てなかったと思いますが…翌日太ももの付け根にはベルトによって出来た青あざ。

運転席の女性が赤ちゃんの上からシートベルトされてたなら、急停車や事故に遭った時どうなるのか想像はつくのではないでしょうか。
勿論シートベルトをしていなかったら、フロントガラスやハンドルに…。
考えたくも無いです。
衝撃吸収のエアバッグも大人が座った位置で設定されてますので、子供だと思わぬ怪我につながったりします。
なので子どもを助手席に乗せるのは出来るだけ避けるように、とされてます。
やむを得ず載せる場合は前向き使用で、座席を後ろまで下げる様にとのことでした。
うちも車のサイズと人数の都合で二人目を助手席に乗せる事が多いのです。
ジュニアシートを使用して、座席を下げてます。
後部座席の一人目も8歳ですが、ベルトが少し首にかかるためジュニアシートを使用してます。

6歳未満の子どもが車に乗るときはチャイルドシートの使用義務が法的に強制され10年あまり。
後部座席のシートベルト着用義務も何年か前ですよね。
それでも道行く車には膝に抱っこされてる子や、車内で飛び跳ねる子、窓から身を乗り出す子…よく見かけます。
二人目の幼稚園は車で送り迎えしてますが、シートベルトすら着用率が低いのも現状です。
見かけると「シートベルトカッチャンしようね」と言いますが、当然お母さんもよい顔されませんし、その子もきょとんとしてしまいます。
でも、言わずにはいられないんですよね…。

何故チャイルドシートやシートベルトが必要か…。
例えば大人が膝に乗せて抱っこしていた時、時速40kmで衝突したとしたら、体重10kgの子どもも約30倍の300kgに相当します。
とても腕力で支えられるものではありません。
車外に投げ出されてしまう危険性もあります。

そして子どもの身体は未発達。
特に、新生児の頭は相対的に大きく、背中や首は安定せず頭を保持できません。
また、頭部は、生まれたばかりの新生児の頭の重さは体重の30%(大人は6%)。
乳幼児は4~5頭身(大人は7頭身)であり、頭部の損傷を受けやすいそうです。
特に新生児の頭蓋骨は分離しており、3ケ月頃から融合しはじめますが完全に融合するのは18ケ月ころ。
なので1歳半頃までの子供の頭は衝撃等により変形しやすく、脳挫傷を起こしやすいとのことです。
頸部は、椎骨の形成が未完成なことから上部頸椎の骨折が60~70%(成人は16%)を占めるほか、脊椎の靭帯が軟らかいため、脊椎骨折がないにも係わらず、脊髄が伸びて損傷を起こしやすいですし、肋骨も同様に軟らかく、肺、心臓、さらには腹部の肝臓や膵臓にも損傷を受けやすいんです。

先日免許証の更新でうけた講習で、シートベルトやチャイルドシートをつけてさえいれば助かった命も多いという話もありました。

私事ですが、小学生の頃、一つ年下の幼稚園が一緒だった子が交通事故で亡くなりました。
シートベルトをしていなかった為車外に投げ出されたそうです。
その頃、後部座席はシートベルトの着用は義務化されてませんでしたが、ご家族の方は全員無事だったため、シートベルトをしていれば助かったかもしれません。

だからね、ほんとシートベルトしめてください。
うちの三人目、前回も書きましたがベビシートに乗せるとかなりの確率で泣きます。
涙いっぱい流して、声がかれても泣き叫んで、かわいそうですがこればっかりは譲れないです。
出来るだけ泣かない時間帯に出かけるとか、おもちゃを用意するとか、お腹を満たしてからとか…それなりに工夫はしてますが。
上の二人もチャイルドシート嫌がる時期ありましたよ。
でも時間のあるときは「ベルトしめないと車は動かないよ?」「○○にお出かけするよ、楽しみだね!だからベルトしよう」と言い聞かせ、それでも駄目だったり時間が押してる時は無理矢理にでもしめて、例外を作りませんでした。
だって「イヤだ」って言ったらしめなくってすむって思っちゃいませんか?
子どもって賢いですから。

それぞれの家庭に色々お考えはあるでしょうが、これは「親御さんの考えにまかせる」と私は思えません。
勿論、着用を免除される事例もありますがそれは特別な場合。
マイカーであれば、まずないことです。
かわいいお子さんの命を守れるのはお父さんお母さん、周りの大人です。
「ほら、ママもパパもシートベルトしてるよ。○○ちゃんもお揃いだね!」

安全運転で楽しいドライブを…