マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2013年11月08日 「おっぱいトラブル」~ベビー編③~

先日、クロコミュの「ハロウィン持ち寄りパーティー」に参加してきました。
美味しいものが沢山並んでる中で、目をひいたのが「おはぎ」
甘納豆を混ぜ込み甘さをつけたというソレは、甘さ控えめでとっても美味しくて。
パクッと食べてから気が付く…。
「コレってもち米使っていらっしゃいますか?」
「はい」
うわー!やっちゃった!!!
とか思いつつ、美味しいのでもう一個食べてしまいました。


妊娠中、体重を増やさないように!と散々言われ、頑張ったママさん。
産めば終わると思っていた食事制限…。
ところが「これから」なんですよね。
個人差がかなりありますが、「コレを食べるとおっぱいトラブル発生」と言う食べ物は数多くあります。

大まかに言うと、「甘いもの」と「脂っぽいもの」
更に意外なのが「お餅」
案の定、おっぱいカチカチに。
幸いトラブルにはなりませんでしたが、やっぱり気をつけなきゃな…と思った出来事でした。


私はありがたい事に、上二人も完母で育て上げ、三人目も今の所ミルクを使ったのは入院中、母乳開始3~4日程。
でも、今までそれなりに苦労をしてきたわけで。
一人目は女の子であまり飲まないのに、過剰分泌で。
ガチガチで辛いから搾る→余計分泌が増える。の悪循環。
溜まるので乳腺炎になったり白斑できたり。
常に熱を持って痛むし、授乳で吸われると刺すような痛み。
血混じりのピンク色なおっぱいや、膿み?混じりの黄緑色なおっぱいが出たこともありますし、勿論熱も出たり。
乳腺炎ではない、原因不明の高熱を産後2~6ヶ月、月一出したこともあり、飲める薬が限られるのも辛かったです。
時期的にインフルエンザの疑いと言われ、もしその点滴をするならおっぱいやめなきゃダメと言われて、水分のみの点滴をしながら泣いたことも。

ある友人はどれだけ食べ物に気をつけても、トラブルに見舞われ、毎週のようにマッサージを受けに。
「ミルク代より高くついた、母乳育児だったわ…」
それでも彼女は1歳半、私は一人目1歳4ヶ月(二人目妊娠しお腹が張りやすい体質なので断乳)、二人目1歳11ヶ月(ほぼ自然卒乳)まで頑張れたのは、おっぱいに吸い尽く我が子、そしてその仕草が可愛くて仕方がなかったからでしょうね。


さて、おっぱいに良い食べ物、悪い食べ物って何でしょう。
よい食べ物は、サッパリとした和食。
脂もの、刺激物、アクの強くないものだそうです。
味噌汁にご飯、お野菜。
お肉はササミ、お魚も脂の乗ったものは避けて。
おやつはふかしイモや煎り大豆、赤ちゃんせんべいのような米粉が材料のもの、小さいおにぎり等々。
お煎餅等、お餅を使ったものは詰まりやすくなるのでNGです。

果物は糖分が多いし、体を冷やしやすいのであまり食べない方が良いとか。
特に梨は注意ですよ!

小麦類もあまり良くないそうですが、パン類をどうしても食べたいのであれば、油分が少ないベーグルやフランスパン。
でもバターやジャムはダメ。
何も付けず食べるのはキツイと言う方は、オリーブ油を少しとお塩やハーブソルトを少しかけてトーストがオススメです。
でも、あくまでもほんの少しですよ!

ホント食事制限キツイですよね…。
中には何を食べてもへっちゃら!と言う方もいらっしゃいます。
おっぱいは血液から作られるので、食べ物もそうですが、元々の血液の質も関係するみたいです。
あともう一つ。それは乳腺の太さ。
絞ってみたとき、髪の毛のように細く出る腺はありませんか?
それが一本でもある人は要注意です。
乳腺の太さは生まれ持ったものなので、どうしようも無いですよね…。
あとは赤ちゃんの吸い方。
歪め飲みする子だったり、おちょぼ口ちゃんだったり、ラッチオン(咥え方)が浅かったりして溜まってしまう乳腺があると、トラブルになりやすいです。
色んな向きで飲ませたり、クッション等を使い、ラッチオンを深く、赤ちゃんがアヒル口になるように授乳してくださいね。
トラブルが起きやすい方はあまり授乳間隔をあけない方が良いと思います。
出来れば三時間毎。
体が冷えやすい方も、トラブルが起きやすいと言われますので背間部、足首(ここにおっぱいと密接な関係があるツボがあります)を冷やさないように、また冷たいものを採りすぎないようにしてくださいね。
おっぱいがチクチクピリピリするときは、トラブルの予兆だったりしますし、風邪気味や、疲れが溜まってる時は特にトラブルが起きやすいので、冷えと食べ物に気をつけてくださいね。

などと偉そうに書いてますけどね…結構好き勝手食べちゃってます。
でも体調が悪いとき位は食べ物に気をつけたり、ちょっと張りやすい食べ物を食べたときは、ちょいちょい吸ってもらったり。
模索して工夫して、それなりにやってます。
皆さんも、楽しく母乳育児できると良いですよね。

ママ頑張れ!!!