マタニティママ情報

初めての妊娠、初めての出産。不安に思うことを解消したり、知っていると便利な情報をお知らせしていきます。

2013年03月19日 第三回 『緊急入院だ!』

三回目のマタニティライフを経験して一番思うこと…それは


[size=18px]「妊婦に安定期はありません」[/size]


それくらいお腹で新しい命を育むというのは大変なこと。



実際、私も今回のマタニティライフは波乱の幕開けでした。

切迫流産で緊急入院です。

3人目だもの、余裕?

いえいえ、かなりのパニック状態で、ボストンバックに詰めて行った物の微妙な事(苦笑)



「備えあれば憂いなし」



妊娠全期を通して、何があるかわからないですから、妊娠がわかったら先ず入院セットを用意しておくことをおすすめします。

最近の産院はサービスが良くて、アメニティグッズなんかもついてきたりするのですが、それは出産入院に限っての事。



それでは、私が「持っていくといいなぁ」と感じたものを、思い付くまま挙げてみますね。





[b]・リラックスウエア(パジャマ等)

・下着類(ハーフトップやブラトップがおすすめ)

・カーディガンやパーカー等のはおりもの

・大きめのバスタオル(ベッドに敷いたりタオルケットがわりにしたり)

・スポーツタオル(洗顔用、まくらに巻いたり)

・ビニール袋やエコバッグ(洗濯物のやり取りに)

・洗顔セット(洗顔フォーム、お手入れ用の化粧水等)

・歯磨きセット(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、マウスウオッシュ等)

・手鏡

・ヘアブラシ

・箱ティッシュ

・(視力の悪いかたは)眼鏡

・処方されている薬(あれば)

・母子手帳(保険証や受給者証も)

・認印

・筆記用具、メモ帳

・携帯の充電器[/b]



この辺は基本的なものかしら?

着替えなどは1~2組あれば大丈夫かと思います。

後から持ってきてもらえばいいですから、とりあえずの分。

後からの追加が難しい場合は、院内のランドリーでお洗濯。少し多目に用意しておくと安心ですね。



人によっては…だけど

[b]・制汗スプレーやデオドラントシート(妊婦さんは汗っかき)

・シェーバー(これは…ねぇ。苦笑)

・ヘアピンやシュシュ(髪が中々洗えないので、まとめれると便利)

・生理用品(私の場合は出血で入院だったので…布ナプ派の人もケミナプを用意された方がいいかも)

・小さいトートバッグ(洗面所や御手洗い行くときに、貴重品等荷物を入れて点滴のキャスターにかけてました)[/b]



で、これホントおすすめ。

[b]・流せるお尻拭き[/b]

お風呂入れなくても、体を拭くタオルは出してもらえるし、トイレも多くはウォシュレットついてますが…。

やっぱりしっかり拭けて、尚且つトイレに流せちゃうってホント便利でした。

ただしお肌の弱いかたはお気をつけくださいね。



あとは妊娠中の入院は絶対安静!(が、ほとんどかと…)

文庫本や寝たまま出来るような事(携帯ゲーム機や編物?)など持っていかれると良いかもしれませんね。

私はスマホ&友人が持ってきてくれたコミックス、院内の図書棚の本で乗りきりました。



持ち物ではないですが、旦那様や同居の方に物の場所を伝えたり、分かりやすい場所に置く等の工夫もしておくといいと思います。

入院中に必要になった際「持ってきて」と頼む時、お家の事お任せするにも安心ですね。



ママは勿論、お腹の赤ちゃんも頑張っている!

入院は大変ですが、先生方がすぐそばについていてくれる心強さ、処置がある場合は赤ちゃんの様子を見せてもらえたり…楽しみもありますね。

頑張って乗りきりましょ!!!