ハッピーハンドメイドマーケット出店募集

クローバの事業は以下の4つです。各事業を元に、それぞれの活動を行なっています。

  1. 岐阜のマザーズネットワークの構築
  2. ママの育自のための各種講座・イベントの開催
  3. ソーシャルビジネスプロモーション(企業や行政とママがつながる場の創出)
  4. 行政との共同事業

詳しい活動内容

岐阜のマザーズネットワークの構築

クローバ独自のSNSサイト「クロコミュ」は、インターネットやスマートフォン・ケータイから様々な子育て情報を得られること、そしてサイトを通じて大勢のお母さんとの交流の輪を広げられるコミュニティーツールとして登録会員の方々に活用していただいており、妊娠中の方から育自が一段落したお母さんまで、幅広く支持されています。

ネットを通じて展開する「クロコミュ」は、情報社会の現代においていち早く、そして手軽に必要な情報を得るための不可欠な存在です。特に、未就園児の子育てをしているママ世代は社会との接点も希薄になる時期で、インターネットは大切な情報源となっています。クロコミュにおいてもネットの普及とともに登録会員数は拡大し続けており、今では1000人ほどの登録者(平成24年4月現在)によって活動しています。

クローバの捉える「クロコミュ」の意義は、ネットによるコミュニティーツールだけに留まらず、「クロコミュ」をきっかけに広がった交流の輪を、リアルな交流の場へと発展させていくことです。子供を通じて知り合ったいわゆる「ママ友」ではなく、「自分自身の友達」作りができることが地域を限定したクロコミュの最大の特徴です。自宅にいながらも楽しめることから、人見知りしがちで子育て支援サークルへの参加を躊躇するママにも気軽に参加いただいております。

少子化や核家族化が深刻化し、子育てや社会復帰などママにとって大変厳しい現代社会ですが、同じ価値観や趣味を持つ仲間の絆がどんどん広がり、岐阜のママ達が、さらには地域の枠を超えて「ママってたいへんだけど、ママでよかった」と思える、マザーズネットワークの構築を目指し、日々積極的に活動しています。

ママの育自のための各種講座・イベントの開催

「食」「住」「健康」を主なテーマとして、ニーズに合わせたイベント・講座を開催しています。その中で、子育てママが学びながらリフレッシュできる時間をもてるよう、"ママの育自"すなわち「教育力」の向上と明日への活力となる様々な空間を提供しております。

「食」…平成18年より定期的に開催しているのが「食育レッスン]です。行政とコラボし、およそ月1回のペースで実施。あらゆる角度から食についての問題を捉え、専門家や企業を招いて楽しみながら知識を深めています。

「住」…家計を預かるお母さんたちの知恵袋をなるべく、マネーカフェを開催しています。保険・貯蓄などお金に関わる講座はもちろんのこと、生活力のある子どもの育成を目的に、料理やお金に関する講座など子ども向けのキッズ企画も合わせて実施しています。また出産を機に手作りに興味を持つケースが多いことから、「ハッピー♪ハンドメイドマーケット」を毎月開催。子ども服や生活雑貨など、手作り作品を展示・販売する機会を提案し、社会貢献への意欲を持つきっかけ作りのお手伝いをしています。

「健康」…"予防"に重点を置いて考えています。お母さんは家庭を守る大黒柱であり、家族の健康を考える大切な存在です。そんなお母さんに予防の大切さを伝えるため、年齢とともに変化する女性の体についての講座や、ヨガやストレッチなどの健康講座を開いています。

またクローバの協働事業の集大成ともいえる「岐阜ママズフェスタ」を、年1回開催しています。ママによる手作りワークショップ、子育てをキーワードにした企業ブース、また行政の子育て支援の紹介など、三者が協力しあった参加型のイベントで、来場者の方々にも楽しんでいただいています。

ソーシャルビジネスプロモーション

様々な問題が山積みする現代社会において、"ママ"をキーワードに、人と人との「絆]や「輪]を通して、社会問題の解決を目的に収益事業に取り組む企業と協働し、社会貢献活動と共に企業のビジネス販促を広報していく取り組みに寄与しています。

理想を現実にする社会活動は、日本の将来を担う子供たちを育てている母親と、それを支える行政、更には社会を支える企業が、あらゆる場面で共同体として結束し、ともに成長していくことが大切だとクローバは考えています。三者による相互協力がよりよい社会構築の実現化を図るためには不可欠であり、クローバは子育てママの情報発信源として、三者をつなぐ重要な役割を担うべく活動しています。

子育てママ世代は、社会とのつながり希薄になりやすいが消費者としての感覚は鋭く、常に現実社会を敏感に受け止めています。だからこそ、消費者のニーズを的確に捉え、企業の向上・発展、さらには社会の活性化につなげることを目的とした企業にとって、ダイレクトにレスポンスが伝わる"ママ"の声はリアルな市場調査に役立ちます。

クローバが企業と協働する主な活動としては、年に一回開催するママズフェスタ(フリマ、企業出展、行政の取り組み展示イベント)をはじめ、毎月開催するハンドメイドマーケット、専門家を招いてのママラボ講座など。また、企業や行政とコラボした100人アンケート、座談会、モニタリングなど、子育て支援を目的とした活動を充実させるため、積極的に取り組んでいます。

行政との協働事業

NPO法人クローバは、子育て中のお母さんへの情報発信事業を軸に活動しています。その活動のノウハウを生かして、岐阜市との協働事業として制作・運営しているのが育自・子育て応援サイト「ぶりあネット]です。
「ぶりあネット]は、岐阜市における様々な子育て関連活動団体の活動内容や情報をサイト内で紹介しています。クローバの取り組みとして、毎月ぶりあ特派員が岐阜市内のママ達に紹介したい、または気になる岐阜市の施設やサークルを訪問・取材し、そこでの様子や子育て情報を写真と記事で詳しく掲載しています。さらに月一回、登録会員向けのメルマガも発行しています。同時に、登録会員やサイトへの情報提供者・組織の増加に向けた普及活動も積極的に行い、サイトの拡充を図っています。

また、大垣市家庭教育推進協議会との協働事業として、「食育レッスン]を毎月実施しています。平成18年より岐阜市内で4年間行ってきた実績をもとに、"かしこいママ、かしこママになろう"を合言葉に、「知っているようで知らなかったこと」、「正しい知識」を身につける場を設けて栄養士など専門家を招き、食に関するあらゆる視点から、子育てママが興味を持って参加できる内容を提案しています。



クローバ!公式ブログ

クローバ!のtwitter

クローバ!のFacebook

ページの一番上へ